日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法

MENU

 

日本政策金融公庫に融資を通す正しい方法を公開している理由

 

 

なぜ圧倒的大多数の人が

 

日本政策金融公庫からの融資を受けられないのか?

 

融資の申請に失敗してしまうのか?

 

 

日本政策金融公庫は、銀行などの民間の金融機関から
資金を調達することが難しい中小企業や個人事業者に対して融資をすることを目的として
設立されている金融機関です。

 

 

ですから、融資の審査も比較的緩やかですし、
金利が安いという点においてもぜひ利用したほうがいいといえます。

 

また、民間の金融機関から融資を受けることが困難な創業者に対しても融資をしてくれます

 

 

自己資金だけで創業するのと、ほとんどただ同然の利息を払うだけで
その2倍近くの創業資金をもって起業するのとでは、安心感もだんぜん違います。

 

 

では、そのように金利が安いなどのメリットもあり、審査も比較的緩やかなはずの日本政策金融公庫
融資の申請をして融資を断られる人が多いのはなぜなんでしょうか?

 

 

日本政策金融公庫から融資を受けることができない人
が陥ってしまっている行動パターンには共通点があります。

 

その1つが

 

「日本政策金融公庫をなめている」

 

ということです。

 

日本政策金融公庫は政府系の金融機関だから、

 

「誰にでも優しくお金に困っている人に融資してくれる」

 

くらいに考えて窓口に相談に行っています。

 

 

「簡単な書類を提出すればお金を振込んでくれる」

 

くらいに考えて書類を準備しています。

 

日本政策金融公庫がいくら政府系の金融機関だといっても
だれかれかまわずお金を貸しているなどということはありません。

 

とりあえず、この人にお金を貸してみよう
なんて思わないわけです。

 

日本政策金融公庫が融資として貸し出すお金というのは
元はわれわれが収めた税金です。

 

税金を貸し出し、利息をいただくことによって利益を出しています。

 

どこの誰だかわからない人間に大事な税金を貸しました

 

ですが、返ってきません

 

なんてことは日本政策金融公庫は絶対に避けなくてはいけないのです。

 

 

「な〜んだ、結局、融資を受けるのは難しいってことじゃないですか!」

 

とあなたは思うかもしれませんが、いえいえ違います。

 

日本政策金融公庫から融資を受けるのは簡単です。

 

 

にもかかわらず、融資に失敗する人がいるのは結局のところ
たった一つの理由だけなのです。

 

「戦略を間違っていた」

 

これだけです。

 

知らないけどとりあえずやってみた。
知り合いの社長から教えてもらったようにやってみた。

 

それで失敗します。

 

日本政策金融公庫はだれかれかまわず融資をするということはありません。

 

融資をしてもいいと判断した場合にしか融資はしてくれません。

 

ですが、日本政策金融公庫も金融機関です。

 

融資をして、利息をいただくという業種である以上、
必ず誰かには貸さなくていけないのです。

 

日本政策金融公庫は誰かに必ず融資をしなければ成り立たないのです。

 

融資の申請に失敗している人が多くいる一方で

 

日本政策金融公庫から融資を受けている方も大勢いるのです。

 

では、「どのような人」に日本政策金融公庫はお金を貸したいのか?

 

日本政策金融公庫は大事な税金を貸しても大丈夫だと
「どうやって」判断しているのか?

 

それをあなたが知ってしまったらどうですか?

 

あなたは、日本政策金融公庫から融資を受けてほしい人になれます。

 

そのために知っておかなければ話にならないと
思える知識をお教えしようと思います。

 

 

公的融資から開業資金を引っ張る方法
を真剣に知りたい方はこちらをクリックして下さい

 

 

 

日本政策公庫から運転資金の融資を受けたい方は
こちらをクリックして下さい

 

そもそも日本政策金融公庫とは銀行とかと何が違うの?

 

日本政策金融公庫とは、国が100%出資している政府系金融機関の一つです。

 

銀行や信用金庫など民間の金融機関が融資をしづらい創業者や起業したての経営者、災害などで業績が下がった会社(赤字の会社)などへ融資をし、助けるための金融機関です。平成30年9月には国民生活事業だけで1ヶ月間で26,416件の融資先へ164,818,164,000円の融資を行ってます。

 

会社やお店をやっている方であれば、必ず取引(融資を受けること)をしておきたい金融機関です。

 

日本政策金融公庫で融資を受けるメリットはどこにある?

 

日本政策金融公庫で融資を受けるメリットは3つあると思ってます。1つは審査のスピードが他の融資に比べて早いこと。大体1ヶ月程度で入金されます

 

次に、金利が安いこと。0.25から2.85パーセントくらいで融資を受けられます。これは、会社経営者の資金調達方法の中でかなり低い資金調達コストであると言えます。もう一つあるのですが、ここではちょっと言えない、(がしかし、経営者にとってはかなり大きい)メリットがあります。興味があれば、こちらで配信しているメールセミナーで紹介をしています。

 

日本政策金融公庫で融資を受けるデメリットは審査落ちのみ

 

日本政策金融公庫は、銀行や信用金庫など民間の金融機関が融資しづらい事業へ融資を行い日本の中小企業を下支えする存在です。ですので、その審査基準は民間の金融機関とは大きく違います。

 

銀行では融資ができないと言われたのに日本公庫ではあっさり融資が下りた、だとか、日本公庫では審査落ちしたのに銀行では融資できると言われた、などの情報があるのはそのためです。日本政策金融公庫の審査基準が分からない(よって、対策がしづらい)ということが最大のデメリットです。審査基準を丸裸にしたメールセミナーを配信中ですので、興味があれば登録してみてください。

 

公的融資から開業資金を引っ張る方法
を真剣に知りたい方は今すぐこちらをクリックして下さい

 

日本政策金融公庫にはどんな融資制度があるのか

 

日本政策金融公庫(特に、国民生活事業)にはどんな融資制度があるのかについてですが、ここではとても紹介できないほど多くの融資制度があります。ただ、先ほど平成30年9月に約2万6千件の融資が行われていると言いましたが、そのうち約1万9千件は「普通貸付」制度という一般的な融資制度が使われています

 

他でメジャーなものはこれからお店を開業する人などが無担保・無保証で開業資金の融資を受けられる「新創業融資制度」や災害、景気悪化などで業績の下がった企業が利用できる「セーフティーネット貸付」などがあります。

 

日本政策金融公庫の融資を受けるために必要な書類は

 

これから開業するのか、もう開業しているのか、会社(法人)なのか個人事業主なのかで違ってきます。これから個人で開業するなら、創業計画書、借入申込書で申請はできます。これから会社を作った後で申請するなら借入申込書、創業計画書、会社の登記簿謄本が必要です。

 

すでに開業しているというのであれば、個人事業主の場合は確定申告書2期分と借入申込書でできますし、会社としてやっているということであれば借入申込書と決算書2期分で申請を行えます。

 

他の資金調達方法と比べて日本政策金融公庫の融資はどうなのか

 

例えば、これから開業する人や業績があまり良くない会社が資金調達をするとして、日本政策金融公庫の融資以外に@地方自治体(都道府県や市町村)が行っている制度融資という融資制度Aファクタリングという売掛債権を買い取ってもらう資金調達方法Bクラウドファンディングというネット上で出資者を募る方法C事業融資をしてくれる金融会社からの融資(金融機関ではありません)Dアコムなどの消費者金融からの借入Eエンジェルなどから出資を受けるF知り合いからお金を借りるなど大きく7つ程度はあります。

 

ですが、先に書いたメリットから考えると日本政策金融公庫からの融資が断然お勧めです。その他の資金調達方法は日本政策金融公庫に審査落ちした後、検討するような位置付けになります。

 

赤字の会社でも日本政策金融公庫の融資は受けられるのか?

 

受けられます。ただし、原則は難しいと思っておいたほうがいいと思います。なぜなら、お金を貸しても赤字なので返してもらえないからです。ですので、銀行や信用金庫など民間の金融機関と同じく日本公庫も赤字の企業やお店には融資を出しにくいです。

 

ですが、民間の金融機関よりはハードルはずっと低く融資を受けられる可能性も高いのが日本政策金融公庫と言えます。

 

日本政策金融公庫の金利について

 

日本政策金融公庫で融資を受ける際の金利は、年利で0.25から2.85パーセントくらいです。この間であなたに貸す金利は決まるのですが、それはあなたがどの融資制度を利用するのか、担保はあるのか、会社の保証人に立てるのか、などによって変わってきます。

 

ですが最大でも2.85パーセントで借りられるので、アコムなどの消費者金融などの金利と比べると激安です。その上、開業をするとその支払う利息は全額経費にできるので実質無利息で借りているのと変わらないわけです。支払う利息金額も少ない上、経費で落とせる。これも日本政策金融公庫で融資を受けておいたほうがいい理由の一つと言えます。

 

日本政策金融公庫の融資についてのQ&A

 

資金調達家」というブログでも質問に答えていますが、ここでは日本政策金融公庫の手続きに関する代表的な質問に答えていこうと思います。

 

 

日本政策金融公庫の融資を受けようと考えていますが、無担保・無保証人の制度はありますか?

はい、あります。日本政策金融公庫では基本的に第三者の保証人は必要ありません。創業者が担保なしで借りることができる「新創業融資」という制度や創業から2期以上経っている人でも担保なしで借りることができる「担保を不要とする融資」制度というのを使えば、担保も保証人も無しでお金を借りることができます。

 

当たり前だとは思いますが、担保も保証人も無しで(要するに信用だけで)ある程度まとまった金額を融資することになりますので、審査は厳しいと思ってください。

 

特に自己資金に関しては非常に厳しくチェックされます。事前によく確認して準備をすることをお勧めします。

 

 

日本政策金融公庫の融資制度と制度融資の両方を利用する事はできますか?

できます。あなたのなされる業種によっては、日本政策金融公庫の融資額だけでは足りないといった場合もあるでしょう。そのような場合にはいくつかの融資(他の資金調達手段も含む)を上手く利用しましょう。

 

日本政策金融公庫の融資は申請してからどれくらいでお金が入金されますか?

もちろんケース(特に融資金額)によって期間に違いはありますが、順調にいけば、約1ヶ月?1ヶ月半くらいで実行されて、あなたの口座に入金されることになります。

 

 

融資を受けるためには保証人と担保の両方が必要なんでしょうか?

融資の希望金額などケースによります。日本政策金融公庫からの融資の場合はどちらかが用意できれば、大丈夫という場合が多いです。4?500万円くらいの小口の融資であればどちらも必要ありません。

 

※ 今は、日本政策金融公庫から融資を受ける場合には第三者の連帯保証人は必要ありませんので、知人に頼んだり用意しておかなくても大丈夫です。

 

 

 

自己資金はいくら必要ですか?

事業資金の2分の1位は用意しておいたほうがいいといえます。すなわち、あなたが事業を始める際に1000万円が必要だとすると2分の1である500万円を自己資金として用意しておいた方がいいということです。

 

わかりやすくいうと500万円の融資を受けたければ自己資金として500万円を準備しておく必要があるということです。もちろん、これは原則論であって自己資金以外のことも含めて総合的に判断されますから必ずしも2分の1が必要であるというわけではありません。

 

100万円の自己資金で500万円の融資が決まる可能性もあるし、事業計画がクソである場合などは700万円の自己資金でも500万円の融資に落ちた人もいらっしゃいます。

 

 

 

会社を設立するにあたり融資を申請しようと思いますが、いつ頃がいいですか?

会社設立前の方がいいといえます。設立したあとで融資の申請をする場合には業績が悪くなり資金繰りができなくなって融資を申請してきた経営者とみられる場合が多いのです(もちろん、1年で売上が上がり、事業を拡大したいと思い申請するケースもあるんですが)

 

この場合は、事業を開始してからの実績が出てしまっているので実績を元に判断されることになりますが、事業開始前ならまだ実績は出ていないので、創業計画書の数字が判断基準になります。そういった意味でも起業時のほうが借りやすいと言えます。

 

ただし、融資の申込みは会社の設立登記後になります。また、許認可が必要な事業の場合、許認可を受けてから融資の申請をするのが原則です。(ある程度、担当者が融通は利かせてくれます)

 

これから起業される方は会社の設立の時期と融資の申請時期、許認可が必要な場合にはそれらも考えてタイムスケジュールを組むことをお勧めします。

 

更新履歴