司法書士で開業融資を受けたいが、自己資金が・・・という質問

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
司法書士で開業融資を受けたいが、自己資金が・・・という質問
林先生

いつもタメになるメールありがとうございます。

私は、司法書士事務所の開業を考えているのですが、5月頃まで研修があり、収入を得ることが出来ません。

現在も妻の収入で生活しています。

今から2人で節約して自己資金を積み立てたいと考えているのですが、妻の収入で積み立てた資金を私の自己資金として認めてもらえるのかが心配です。

今は司法書士業界も新規参入するにはなかなか厳しい状況でして、どうしても最初の段階で広告費等に費やす資金を調達したいと考えています。

また、軌道に乗るまでの運転資金もある程度確保しておきたいのです。

以上の理由で、日本政策金融公庫からの融資を断られないかとても心配です。

よろしくお願いいたします

 

こんにちは。

質問というか不安な点を送っていただき
ありがとうございます。

 

要は、日本政策金融公庫は

奥さんの収入で積み立てた資金を自己資金とみてくれるのか?

という点が一番の疑問点ということですね。

 

まず、「通帳の名義があなた」の場合。

これは面談時の説明をうまくやれば、みてくれます。

「あなた働く時間無かったでしょ?」「どうやってお金貯めたの?」という点を
説明できればいいだけだからです。

これは、司法書士試験に合格できるほど優秀なら多分できると思います。

 

さて問題は「通帳の名義が奥さん」の場合。

普通に考えれば「これ奥さんのお金でしょ?」となります。

ですので、自己資金として認めてもらうのは非常に難易度が高いです。

もちろん同じ状況で私のクライアントは認めてもらいましたので
不可能ではありません。

ですが、夫婦とはいえ

「何であなたの独立資金を奥さんの口座に入れてあるの?」

という話になります。

本当にあなたの事務所開業のためにつかっていいお金なのか?
担当者は当たり前に不安になります。

 

ですので、その点をクリアしない限り
自己資金とはみてくれませんので、融資も下りません。

さすがにそれは夫婦関係とかこれまでの生活の経緯など
色々聞かないとアドバイスは難しいです。

 

一点補足です。

司法書士は新規参入が難しいとおっしゃってますが
全然楽勝の業界で

新規参入からガリガリ稼いでいる人の方が多いです。

 

もちろん、マーケティング・セールスの知識は必須です。

それが無かったらお客さん取れないので
融資が下りる下りないに関係なく、どっちにせよ廃業です。

ちなみに

・うちの業界は・・・

・新人は・・・

・司法書士で稼ぐのは・・・

みたいな話をしている人でうまくいった人を
見たことがありません。

 

司法書士合格を支えてくれたあなたの奥さまは立派なサポートを
されたと思いますし、

同じ男として、そんな奥さまには
お金に困らない裕福な生活をさせてあげて欲しいと思います。

頑張ってください。

 

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

 

あのイーハトーヴォのすきとおった風
いつもメールにて勉強させて頂いております。

今までのメールで、自分の融資申し込みの準備を見直しております。

一番困っている事ですが、田舎での新規集客が一番の課題です。

色々とやってみた結論は、近隣の地方都市へもう一店舗出して2か所展開にすることです。

現在はそのためにテストを繰り返しています。

融資は、2店舗目のために考えております。

この状況なら林先生はどうお考えになられますか?

 

質問を送っていただきありがとうございます。

 

内容をまとめると

田舎での新規集客は難しいので

2店舗展開をしていかないと事業の安定は難しいのか?

という点について私の意見を聞きたいということですね。

 

私の意見は単純で一応2つあるので順にお話します。

前提が間違ってて

「田舎の新規集客は楽勝です」

 

都会の新規集客やネットの新規集客に比べれば。

都会は競合が多すぎてエッジを利かせる必要がありますし

ネットなんて今1リスト3,000円はかかりますよ。

プロダクトローンチ一発やるために、3,000万円は資金調達しないといけないです。

(火の車で回すという罰ゲームみたいなやり方もありますが・笑)

 

それに比べて

田舎の新規集客は楽勝です。

私のお客さんは変なフリーペーパーに広告出しただけで

その月から月商が1.7倍になりましたよ。

 

しかも田舎は新聞折込でも反応が出るんで

反応率0.2パーセントとかビックリする数字が出ますよ。

もちろん広告がクソなら出ないですが。

 

この教材くらいの基礎知識があって

普段からスワイプファイルをきちんと集めるとか、ちゃんと努力を
しているのなら

田舎の新規集客は楽勝です。

それが1点目。

 

 

2点目は

1店舗目がうまくいっていない限り、2店舗目は出さない

というのが大原則です。

 

今おそらく1店舗目で満足いく結果を出せてない、もしくは、きつい

という状況だと思うんですが

 

今の状況で2店舗目を出すと

きつい部分は3倍になり

売上げは1.5倍くらいにしかなりません。

 

これ

多店舗展開してるオーナーに聞いてみると
みんな言うんで間違いないですよ。

 

売上げ2倍になると思ったでしょ?

大変さ変わらないと思ったでしょ?

 

やってみたらわかります。3倍になることが。

せっかくなんでもう一点苦言を呈しておくと

「色々やって」この結論に達しました・・・

とありましたが

多分何もやってないと思います。

 

田舎の場合

変な地元紙のフリーペーパーに広告出してもうまくいくし

地元新聞紙に折り込み入れてもうまくいくし

FacebookやPPCに地域絞込みで広告出してもうまくいくし

半分くらい捨ててくるポスティング代行にチラシ任せてもうまくいくからです。

多分どれもやっていない、だけだろうと思います。

 

1店舗目がうまくいっていない限り、2店舗目は出してはいけない

これ格言として知っておいてください。

では、これからはきちんと頑張って参りましょう。

 

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。