田舎で飲食店を始めたいが良い物件がないという悩み

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
田舎で飲食店を始めたいが良い物件がない
林先生

いつもお世話になっております。

○○と申します。

困っているのは、物件探しです。

飲食店での開業なのですが、自分の思い描く規模、立地、設備の物件が田舎(群馬)のためなかなかありません。

重飲食と言うのもまたハードルが上がる要因なのですが…。

あとは、事業計画書を何度も書いているのですが、修行をしていてのれんわけのため、原価や設備の金額、光熱費等に対しての具体性(見積書など)はあると思うのですが、売り上げ高(回転率)などの具体性が今一つ『これでいいのかなぁ…』になってしまいます。

なぜかというと、今までは『東京』での修行で、東京での回転率だったのが、今は『群馬』なので、単純に店舗の大きさが東京の店の規模の半分だから、このくらいの月間売り上げ予測!にはならないと思うのです。

今は私がやりたい店と似た店(規模とコンセプト、ターゲット層の同じ店)をランチタイムと夜に観察して(不審者ですが 笑)そこを客観的データとして月間売り上げ予測にしようと思っているのですが、それで良いのか不安です。

お忙しいと思いますが、よろしくお願いいたします。

 

いつもお世話になってます。

質問を送っていただき、ありがとうございました。

 

飲食店をやりたいが、希望通りの物件がありません、というお悩みですね。

確かに、マーケティングをできない飲食店にとって
物件の「立地」というのは生命線です。

というか「立地」が全てです。

 

味とか空間とか本当にどうでもよくて「立地」です。

そして「立地」が良い物件はあまり出てきません。

というか、出てきません。

 

今いるお店が撤退しないからです。

何年までお店をやったらたたむ、と決めている場合とか

店主が急に死んじゃって跡継ぎがいないとか

極めて特殊な場合以外は好立地の物件など出てこないのです。

 

だからあなたの思う良い「立地」でありそうな物件というのは
おそらく悪い立地の物件です。

あなたがあれこれ悩んでも多分悪い物件なのです。

それが大前提。

 

その上で私のお勧めの決め方を紹介すると

あなたの思っている物件を出せるだけリストアップ。

その中から一番理想に近い物件をピックアップ。

そして

「その物件で戦いに出て、死んでも後悔ないか」

で判断する。

 

後悔しそうだったら止めときましょう。

後悔しないんだったらその物件で行きましょう。

 

だって、どうせ理想の立地の物件なんて出てこないんだから。

あなたが良いと思ったとしても、そこは多分誰かが契約した事を後悔しながら引き払った物件ですよ。

だから、こうやってやるのかやらないのか決めて前に進んだほうがいいです。

時間もったいないですし。

 

私ならマーケティング勉強して実践すると思います。

立地とか関係なくなるんで。そっちのほうが結果的に早いですしね。

理想の物件が出てくるのを待つよりも。

 

次に、事業計画書上の売上げの根拠についてです。

自分がやりたい店と似た店(規模とコンセプト、ターゲット層の同じ店)をランチタイムと夜に観察して(不審者ですが 笑)
そこを客観的データとして月間売り上げ予測にしようと思っているのですが、それで良いのか不安です

とのことですが

せっかくそういうお店を見つけてるんであれば

そこのオーナーと友達になればいいじゃないですか?

友達になって教えてもらう。

「月にいくらいってんの?」って笑

何人雇っていくらくらいで回ってんの?って。

 

行っている飲食店のオーナーと仲良くなれるくらいの
コミュニケーション能力もないなら飲食店は厳しいですよ。

良い物件で美味しいものを出せば、お客さんは口コミで集まる
って迷信をみんな持ってますけど。

ビジネスって何であれ、人やお金を呼ぶものって結局「人間味」であって
その土台を支えるものってコミュニケーション能力とあなたのユニークネスですから。

ああ

そうだ

うちの近所にできたラーメン屋さんがオープン初日に大行列ができて

2日目には従業員が反乱を起こして店をあけられず

そのまま廃業しましたよ。

コミュニケーション能力って大事ですよ。

以上、頑張って参りましょう。

 

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

 

法人を立ち上げてしまったが動かなくて大丈夫か?
林先生

大変にためになるメールをいつもありがとうございます。

私どもでは妻が飲食料の小売業を鎌倉駅周辺でやりたいとの夢があり、私は会社員ですが最大限サポートしたいと考えております。

妻は販売の経験を積むということで、現在は商業施設フードコートでのパートをしておりますが、昨年末に菓子販売のFC契約を考えて、今年の初めに合同会社を設立しました。

しかしその後、色々と調査をしてみると、そのFC契約では経営が難しいのではとの結論となり、現在ではFC契約ではない自分で以前より考えていた飲食料の販売を計画しております。

当然ながら創業融資も検討しておりますが、林先生からのメールを読むたびに、なかなか難しいのかなと感じております。

自己資金も多くはなく、立地条件的に店舗が見つかりにくい上、空いてもすぐに入居されてしまい、物件を押さえるにも契約金も高く、その前に融資の目処が立たないとということで、事業計画が作りにくい状況です。

それならば、好条件の物件が空くのを、自己資金を増やしながら気長に待つかとも思いますが、法人を立ち上げてしまった以上、あまり時間をあけて創業融資を希望するのもどうなのか、と迷っております。

どうすればいいでしょうか?

アドバイスをお願いいたします。

 

ご質問を送っていただき
ありがとうございます。

どうすればいいでしょうか?の質問には

好きにすればいい

という答えに当然なるのですが・笑

 

ちょっと質問がわかりづらいのでまとめると

飲食料の販売のための法人を作った。

資金が少ないので物件を押さえられず事業計画書が作りづらい。

法人立上げから融資申請まで時間が空くのはまずいのか心配。

という話で、

一番のポイントは

このビジネスをやるのは奥さんであって、質問者は引き続きサラリーマンをやる

ということです。

 

奥さんは現在、販売の修行のために商業施設フードコートでのパートをしている。

 

ちょっと考えればわかると思いますけど

商業施設フードコートでのパートをしても

販売の修行にはなりません・笑

 

商業施設は商業施設自体が集客しているのであって

販売もお勤めのお店が販売しているのであって

奥様はそこにパートで作業をしているだけなので

集客も販売も携わっていないわけです。

 

本来は、物件選びも私へのメールも事業主である奥さんがすべきところを
サラリーマンの旦那さんが代わりにやっている。

この時点で、結論は出ていると思います。

 

奥様がお店を出す、という夢を実現するためには

あなたが会社員を一生懸命やって、できれば社長とかまで出世して
まとまった資金を2000万くらい奥さんに渡してあげるのが一番現実的だと思います。

融資でお金を準備するとか不動産の折衝とか
周りのライバルに打ち勝って販売を続けていくとか
奥さんにやらせるのは酷だし可哀相だと思います。

失敗できない状況で。

 

だったら、あなたが全責任を持って(誰にも迷惑をかけないで)
奥さんの夢を実現してあげればいいんじゃないかと思います。

 

今回は、会社を既に作ってしまっていますけど
何も活動していなくてもかまいません。

ペナルティといえば
法人事業税を毎年払わなくてはいけませんが
割り切って自分の給料の中から払えばいいだけです。

7万くらいですし。

払いたくないなら法人を解散すればいいだけなので。

以上を参考に、頑張ってください。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。