販売促進案について困っている

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad
販売促進案について困っている
初めまして。

わたくしは、○○と申します。

いつも、勉強になるメールありがとうございます。

今私が困っている事は、販売促進です。

店内外に向けての企画等良い提案ございましたら教え下さい。

よろしくお願い致します。

まずお客様にお店にご来店していただく事が一番と考えております。

 

質問のメールを送っていただき
ありがとうございます。

販売促進で困っているのでいい案が知りたい

ということですね。

 

それなら、私が執筆した

「REAL PROFIT SECRETS」

というレポートが3冊あるので

それを読めばいい

という話になってしまいます・笑

 

 

まず、質問が抽象的すぎて答えようがないのですが

・何の商品を

・どの規模感で売っているのか

すらわかりません。

 

まずお客様にお店にご来店していただく事が一番
と考えておられるようですが

そこで売っている商品がクソである場合

ご来店いただいても売れません。

 

お客様もご来店いただいて、時間を損した気分になられます。

よって、その場合は誰も得をしないので

このままでいく、もしくは、店を閉める

というのが正解です。

 

どの規模感でやっているのかは

例えばマーケティングをするにしても

これから開店するパン屋さんとコストコでは

規模感が違うので仕掛けるマーケティングも全然違います。

 

ですので、それくらいのことは踏まえた質問をできるようになってから

動き出さないと何もできないのではないかなと思います。

 

あと

今は、ある程度マーケティングの本や教材は安価で色々出てますし

キャンペーンの打ち方みたいなスワイプファイルも入手しやすいです。

昔はこういうもの(経営的情報資源といいます)は
お金だけじゃ手に入らなくて、人脈も要りましたが

今はお金だけ出せば手に入ります。

 

ですので、30万円分くらい買って予備的に勉強してみて

自分のビジネスにどう当てはめれば「一番の数字が出るのか?」

という点を質問すればいいと思います。

まずは、そこからだろうと思います。

頑張ってまいりましょう。

 

スポンサードリンク


あなたもネット上で事業資金をいくら調達できるかチェックしてみよう!
↓↓↓金融機関からの融資を断られた方でも利用可能↓↓↓
factoringad

人件費を払えなかったらどうしよう・・・
いつも貴重な情報をありがとうございます。

来年の1月から独立をするのですが、少しでも貯金をしてお金を借りたいと考えております。

最初の人件費は払えなかったらどうしよう?っと考えると不安ですが何事も前進しないと前に進めないので先生の情報を元にしっかりと準備していきます。

 

不安な点を送っていただき
ありがとうございます。

 

これまた、実も蓋も無い話になってしまいますが

最初の人件費を払えなかったらどうしよう

と不安になってるのであれば

人を雇わないといいだけです。

 

自分一人で始めて

人を雇える利益を出せたら

その範囲内で人を雇う、外注に出す

という事をやればいいだけです。

 

 

月収100万円までは一匹狼、一人で一つの分野で達成しろ

というのは私も教えられたことですし、私もそう教えています。

 

どんな分野であっても

きちんとマーケティングをして

きちんとセールスさえすれば

絶対月収100万円まではいけますので

そしたら人を雇ってください。

 

そんな自分が不安な状態では雇われるほうも
いい迷惑だと思います。

 

日本政策金融公庫から融資を引き出す正しいやり方はこちらを参照

スポンサードリンク


【注目】日本政策金融公庫から断られたあなたへ

あなたの会社に100万円以上の売掛金さえあれば
今日中に運転資金を調達する方法があります。

事前の自動計算でいくらが調達可能かもわかります。

今すぐこちらをクリックして
あなたの会社がいくら調達可能なのか計算してみてください。

その後、資金調達プロサポートセンターより、手続きの説明の電話がかかってくるので資金調達の件をご相談ください。

コメントは受け付けていません。